鹿島槍スポーツヴィレッジについて

鹿島槍スポーツヴィレッジについて

長野県にある鹿島槍スポーツヴィレッジは、雄大な鹿島槍ケ岳を望む抜群のロケーションを誇るスキー場として知られており、関東・関西エリアから沢山の人が訪れています。
バラエティに富んだ、全22のコースがあり、初心者向けコースから上級者向けの多彩なコースがあり自分のレベルに合わせて、滑る事が出来ます。また、頂上から中網ゲレンデへと抜けるルートは、ロングダウンヒルコースと呼ばれており、3000メートル・4000メートル・5000メートルがあり、景色を楽しみながら滑る事が出来ます。そして、中網ゲレンデには、新アイテムが登場しており、更にパワーアップし、滑り応えのあるコースが人気となり、また、エリア最大級のナイターゲレンデで、一日中楽しめます

白銀の世界でのひと時の休日

今年は日本各地で正月を中心に大雪となりました。雪が降って喜んだのは子どもの頃だけ、普段の生活で通勤を気にすると嫌なものです。
しかし、今回の休日に限っては雪を歓迎することになりました。先日、友人と一泊二日のスキー旅行に出かけました。ゲレンデへ向かうと、そこで目に飛び込んだのは一面の白銀の世界です。とても開放的な心地よい気分で、山の雪景色と青空のコントラストの美しさを眺めながら滑りを楽しみました。たまに温かいコーヒーを飲み休憩を挟みましたが、たったそれだけの休憩でも普段とは違いリラックスできました。スキー場では女性が美人に見えるとはよく言ったもので、カラフルなスキーウェアの人たちが滑っているのを見ているのも良いものです。
一面の雪に囲まれた非日常の空間で、とても充実した休日が過ごせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です